So-net無料ブログ作成

猫の避妊手術…ポンの場合 [にゃんこ-ポン]

左目が不自由な ポン ちゃん・・・。

なぜか、ポン ちゃんだけ、ちゃん 付けで呼んでしまうなぁ。[わーい(嬉しい顔)]

2005年10月に、親猫に置いて行かれ、ベランダで泣き叫んでいた・・・[あせあせ(飛び散る汗)]

目が、クチャクチャな仔猫保護して、

(チャコ が、避妊手術した) 動物病院へ連れていったら、

右目は、大丈夫だったけど、左目に問題が・・・。[ダッシュ(走り出すさま)]


家に連れ帰り、2日もすると、ケージの中で、すっかり、元気になり、

成り行きで、家猫に・・・。[ー(長音記号1)]

全然、人見知りや警戒もせず、ケージから、出せ出せ・・・と、手を出し、

妙に慣れなれしく、成猫の モモ と、 チャコ の方が、

「なんじゃ~。この子は・・・」と、引いていた感じでしたね~。[猫][猫][ダッシュ(走り出すさま)]


この写真は、翌年、春前ぐらいかな~[exclamation&question]

ポンポン、毬のように、跳ね繰りまわり、思い浮かんだ名前は、ポンタ だったけど、

さすがに、女の子だから・・・[あせあせ(飛び散る汗)] ポンちゃん にしました[exclamation]

pon2007.10.10-100.jpg
おすまし・・・。



ponCIMG0719.jpg
お尻をついて、淡々と遊ぶ・・・。



ponこっち2007.10.10-102.jpg
遊び疲れたようだ・・・。



ponこっち2007.10.10-103.jpg
名前を呼ぶと、振り向く・・・。



 になり、そろそろ、ポン も・・・避妊手術を受けさせることにしました[exclamation]

チャコ と同じ動物病院で・・・だったけど、

ポンちゃんは、仔猫の時のカルテもあり、飼い猫として連れて行ったから、

手術後に迎えに行くと、ちゃんと、胸当て包帯というか、

こちらの病院では、 手ぬぐいを使っての処置でした。

ponhoutai2011-07-03_4779.jpg



ゲージの中で・・・

ponhinin2011-07-03_4778.jpg




術後の経過も良く、とくに、問題もなかったので、一安心でした[exclamation]

やっぱり、きーちゃんの時のトラウマで、どうも、避妊手術は、神経質になります・・・。

pon2007.10.10-170.jpg
かくれんぼが好き・・・。



pon2007.9.12-019.jpg
高いところも、へっちゃら・・・。



この頃のポンちゃんは、負けん気が強く・・・

一回り、体の大きな モモ と、時には、ぶつかりあったり・・・。

pon2007.10.10-348.jpg



チビ を怖がってる モモ だけど、

ポン には、先住猫威厳を見せつけますね~。[わーい(嬉しい顔)]

ponmomo2007.10.10-346.jpg
モモのヒゲが移ってますが、どこの部分なのか、定かではありません・・・。↑








nice!(24)  コメント(13) 
共通テーマ:ペット

nice! 24

コメント 13

のらん

ポンちゃん、またまたマユリィさんに助けられたのですね~
元気いっぱいで、かわいいなー♪♪
じつは、こっちの公園にも、片目の不自由な猫がいます。
ノラ生まれで、やっぱり生まれたときから片目がぐちゃぐちゃに目やにで汚れていたんだけど、お母さん猫がよく面倒を見ていて、リッパに育ちました。
生後10カ月ぐらいのときに捕まえて、手術に連れて行ったのですが、男の子で、ぐちゃぐちゃになっていた片目は、もう眼球が発育していなかったようです。
でも、片目でも元気に暮らしていますよ(^^)
by のらん (2011-08-05 22:31) 

のらん

追伸です(^-^)
そちらの公園の餌やり時間が変わった可能性はありますよ!
餌をあげていると、たいていご近所から苦情がきたり、嫌がらせをうけたりするので、ほとんど人が通らない早朝や深夜にする場合も多いようです。。。
こっちの公園でも、以前はけっこうゴチャゴチャしたこともあったのですが、地域のボランティアリーダーさんが話をつけてくれたり、なにより公園管理の方々が親身になってくださっているので、白昼に堂々とやってますが(^_^;)
でも、私たちがせっせと猫を捕まえて避妊したり、仔猫を里子にだしたり、という活動を続けてきたせいか、このところ文句を言いにくる方はいなくなりました(^-^)
by のらん (2011-08-06 08:30) 

島猫

ポンちゃんも、マユリィさんと出会えて幸せなんですね^^
by 島猫 (2011-08-06 10:26) 

マユリィ

のらん  さんへ
ノラ生まれの猫の赤ちゃんは、目の病気にかかりやすい環境なんでしょうね。
のらんさんのところの公園でも、りっぱに成長した片目の猫さんが
いるんですか。よかったですね!(^^)
ポンちゃん、両目がクチャクチャで見えないようで、ベランダで、歩くこともできない状態のようでした。
病院で、目に膜がかかっているから、その膜を取り除く手術の話もあったのですが、
手術を受けても、果たして視力の方は!?と言われ、それなら、痛い思いをさせるのも、かわいそすぎだったので、やめました。
黒猫かあさんも、ここのベランダに置いて行けば…と思ったのでしょうか!?(^_^;)

うちの方の公園や、街中で、数年前から、「猫のエサやり禁止」の貼り紙が、いくつも、目につくし、猫嫌いな方が、せっせと、保健所に通報している・・・という噂も・・・。(>_<)
数年前までは、公園というと、猫たちが、のどかに過ごしていたり、
猫をかまっている人などの光景を よく、見かけていたのです。
ですが、今では、すっかり・・・スッキリしているところが、
かえって、不自然な感じなんですよ。
でも、夜中に、猫の鳴き声を聞くこともあり、昼間は、人目につかないように、ひっそりと暮らしているのかなぁと、昼間、まったく、見かけないから、余計、気になりますね~。(・・?

のらんさんとこの地域公園環境は、みなさんの努力もあって、
すばらしい猫環境ですね!
by マユリィ (2011-08-06 16:12) 

マユリィ

島猫 さんへ
猫さんの方で、選ばれてしまった!ような出会いでしたね。
これじゃぁ、元気に回復したからといって、外猫としては酷だと
思いましたね~。(゜_゜)
by マユリィ (2011-08-06 16:18) 

クローヴ

ポンちゃん、術後の経過が良くてよかったですね(^^)
仔猫の時、泣き叫んでいたり、初対面でも妙になれなれしかったりと、ポンちゃんには、何か、生きていくことへのたくましさを感じます。
by クローヴ (2011-08-06 16:31) 

haku

片目の黒猫ちゃんなんですね!
なんか、カッコいいです♪ ^w^
by haku (2011-08-06 20:05) 

sunset

こんばんは。
ポンちゃんは片目が見えないんですね。
うちのベランダに来るボス猫さんも
青い方の目は見えないようです。
by sunset (2011-08-06 23:05) 

morichan

ポンちゃん。
マユリィさん家のコになれて、良かったねー。
お友達もいるから賑やかだし。何より安心、幸せだね。
by morichan (2011-08-07 18:33) 

マユリィ

クローヴ さんへ
先住の茶トラの成猫たちにも、物おじしない子で、男の子ぽい感じでしたね~。仔猫の時は、ご飯食べる時、お皿に顔くっつけ、唸りながら食べてました。大きくなったら、唸らなくなったけど・・・。(^_^;)

haku さんへ
片目のハンデある分、音やニオイに敏感で、隠れている時、
トイレ掃除して、きれいにしたら、すぐ、出てきて使ったり・・・。(^^)
なんで、わかったの?って、ミステリアスなとこも、ありますね~。

sunset さんへ
片目が見えなくても、たくましく生きている猫さん、
多いんですね~。
ボス猫さんなんですか。すごい。(^^)

morichan さんへ
体は、いたって丈夫な子だから、とくに、手がかかるということも、
ないですね~。黒猫は、首輪の色が映えるのに、首輪嫌いで、すぐ、はずしちゃうところが、問題かな・・・。(^_^;)

by マユリィ (2011-08-08 12:17) 

koume

お久しぶりです、復活しました^^
片目が不自由でも、子猫の元気は一緒ですね。
先住猫さん達と、大立ち回り…。
なかなかのオテンバさんだったのですね^^
by koume (2011-08-08 21:44) 

marie

ノラ猫さんは目に来る子多いですよね…。 こちらにも何匹かいて 小さい頃の栄養不足と言われました。 きちんと医療措置をしてあげればなんとか大丈夫な子もいるのですが・・・。
あと遺伝なんかもあるかもしれませんね^^;

ぽんちゃんは元気いっぱいな子なんですね♪
私も手術の際の麻酔のトラウマがあって手術をする時はいつもヒヤヒヤもんです
by marie (2011-08-08 21:49) 

マユリィ

koume さんへ
お久しぶりです!(^^)
仔猫の時から、先住猫たちに対して、
強気というか、怖いもの知らずというか・・・って子でしたね~。
モモに対しての先住猫意識はあるけど、3番手のチャコには、
威張っちゃてるかな~。

marie さんへ
確かに、外で生まれた仔猫ちゃんは、環境の影響で、
目の病気が多いみたいですね。遺伝もあるのですか。(^_^;)

ポンは、片目が不自由な分、マイペースで強気なにゃんこです。
体の方は、問題なかったけど、やっぱり、麻酔手術は、心配になりますよね。うっかり、外へ飛び出しても、手術しとけば、心配はないですけどね・・・。微妙な心境ですね!
by マユリィ (2011-08-10 14:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。